top of page
  • RCS

10oz Selvedge Denim Shirt


こんばんわ。

10ozデニムシャツの入荷です。

深いインディゴ色で毛羽立ちのある岡山県井原市の機屋さんのデニムを使用しています。

ブリーチ済みインディゴ、ブラックデニム2色、ワンウオッシュインディゴデニム1色の3色展開になります。洗濯での大きな縮みを軽減させるために3色とも製造段階で洗いをかけています。

ブリーチ加工とは脱色の事ですが、生地を痛める加工ではありません。新品から着込み洗っていくと、どうしても行き着かない全体が同じ色合いに色落ちしたビジュアルを表現するために脱色加工しています。

ワンウオッシュインディゴカラーは、ブリーチ済みインディゴカラーと同じ生地を使用しています。ですのでワンウオッシュインディゴが色落ちしていくとブリーチ済みインディゴの色合いになるのですが、こちらは着用を繰り返しながら洗い色落ちしていくはずなので、色落ち後は同じ生地でも全く違う表情になると思います。

縫製糸について、ワンウオッシュインディゴのステッチカラーは生地同色で、ブリーチ済みインディゴのステッチカラーは白色です。

身長178cm体重68kgの方がLサイズを着用しています。既に着用しているもので撮影したのでシワが入っています、すいません。

シルエットに関しては着丈少し長めで、身頃と袖巾を弱冠絞り、長すぎず、短すぎず、太すぎず、細すぎずのRCSコンセプトに沿ったシルエットとなっています。また袖に立体裁断で切り替えを入れ、肘に沿わすよう分量を削る事により袖を弱冠シャープにしました。10ozのデニムを使用しているのでかなりの生地の厚みがあるので、インナーにパーカーを仕込んで着用するのもありかと思います。

ラルフローレンなど古着にも同じようなカラーリングのシャツがあり、それらも魅力的ですが袖だけ短かったり着丈だけ長かったりするものが多く、バランスが取れたものは中々見つからないので、それらをRCS的に解釈、考察して修正したシルエット形成をしています。

衿に隠しボタンダウンを施しています。

写真には写っていませんが袖口の剣ボロの裏を生地の厚みがあるので、通常のシャツの始末では無く、切り込みに生地をはめ込む縫製方法で製作しています。

前立て下端に三角ガゼット始末をしています。

ポケットの上端に閂止め(デニムパンツなどに打ってある)をし、負荷がかかる部分を強化しています。

オリジナルのディテールでライターポケットです。

前立て裏など生地の端白耳を使用して縫製しています。裏は巻き縫いと呼ばれる生地を噛み合わせて縫製する方法での始末です。脇、切り替えも全て巻き縫いでの処理により、縫い目を強化していています。

また巻き縫いにされた箇所は洗いによるアタリと呼ばれる独特な縮みがおき写真のようなボコボコとした経年変化を起こしていきます。

よろしくおねがいします。

閲覧数:39回

最新記事

すべて表示
bottom of page