top of page
  • RCS

14oz Selvedge Denim Pants


こんばんわ。 Rustic Clothing Serviceのデニムパンツ入荷しました。 パンツ類の第一号です。 5ポケットセルビッチ、赤耳のデニムパンツです。 日本では当たり前ですが、岡山の機屋のデニム使用、岡山の縫製工場で縫製しています。

身長178cm体重68kg、Lサイズを着用しています。 シルエットはシャツやアウター同様、太すぎず細すぎずのテーマの元 内股下のラインを裾に向けて軽く削り、若干のテーパードを入れています。 また履いた時の見た目だけではなく、見た目に沿う履きごこちを与える為に

立体裁断でパターンを製作しています。

基礎はとても大切ですが、応用パターンに完璧な正解はないので、

自分達が良いと思える形をルールに縛られずに製作しました。

股上は深めで、男性的なデニムといった感じでしょうか。

Sサイズはウエスト78cmなので、女性も履いてもらえるのではないかと思います。

ローライズでスキニーが主流の今現在では需要がないですかね、、 バックポケットのステッチデザインを入れていません。単純にステッチデザインが

好みでないからですが、無い事により何のブランドか分からないからこそ

生地の選定やシルエット、縫製が問われると思います。 生地は未洗い(リジット)での販売となります。

履き込む事により出来るアタリや色落ちは自分自身で経験した方が物に愛着を持てますしアタリ加工や色落ち加工されているという事は生地にダメージを負わせている事でそれだけ寿命が短いという事です。

古着など誰かが履いた中古を格安で手に入れる事と、新品を中古の状態に持っていく事を同列に考える事は出来ないので、新品は新品らしくスタートしようということで未洗いです。

ディテールの説明になります。

前開きの部分から。ボタンフライです。ネオバーボタンにはYKKのネオバーシリーズ

ARGENTを使用しています。完璧なデザインだと思うのでブランド名の刻印は入れませんでした。

開きの下にリベットを打ち込んで強化しています。この仕様は昔々リーバイスの社長さんが焚き火をしていて股間のリベットに火の熱が移り、大事な所を火傷して廃止されたと聞きますが本当なのでしょうか?現代でそんなことはあり得ないので思いっきり打ち込んでいます。 ウォッチポケット(昔は時計を入れていた事から)のポケット口裏に赤耳を使用です。 バックポケットについて、通常のポケットサイズでは財布が取り出しづらいなと感じていたので、RCSでは少し大きく設定しました。

ポケット口裏はチェーンSTでの始末としました。

隠しリベット(リベットを打った上に生地を重ねて縫うのでリベットが見えない)

によりポケットを補強しています。また履き込んでいき生地が擦れれば、

リベットが表に出てくるといった経年変化を楽しむ事も出来ます。 ヨークや股上は巻き縫い(生地を噛み合わせて縫う縫製方法)が基本ですが ウチでは股下部分も巻き縫いを採用しています。 元々労働着として頑丈に作られたデニムパンツでも、この時代では用途が 違う場面で着用する事の方が多いかと思います。

例えばスケートボードや、自転車、バイク乗車等で負荷がかかり破ける事もあるので、

その中でも一番負荷のかかって破けやすい部分を強化したかった事が理由です。

ストレッチデニムを使用すればよい話ですが、デニムは綿100%にどうしても惹かれるので。。 前ポケットの袋布にヘリンボーン生地を使用しています。軍モノのシャツなどに使用するレベルの厚みのヘリンボーン生地を採用しているので、それなりの強さと肌触りになってます。

裾縫いチェーンST始末です。 分かりづらいですが、ベルト下側ステッチと股下ステッチの色を変えています。

使い込んで色落ちした時に映えるようにと2色使いにしました。同系色の黄色2色です。

またステッチ糸にはコアスパン糸(ポリエステルを中芯として外側を綿で被覆した糸)を使用しているので、ポリエステルの力で切れづらく、デニムと一緒に色落ちしていく綿の風合いをもっています。

上記写真は一年半ほど、ほぼ毎日履き込んだ経年変化の例です。

友人が購入してくれた物ですが30回近く洗濯したそうです。

自転車に毎日乗っている方なので膝周辺と鍵のスレが大きく出ています。

写真はありませんが僕はスケートボードの時によく履いているのでオーリーで引き上げる側の左足の方が右足に比べて大きく色落ちしています。何かをしなくてはいけない訳ではないですが、新品から履き込むとその人なりの変化がおきます。

きれいなヴィンテージのような色落ちじゃなくても人それぞれの良さがあります。

そこは本来のワークウェアてあってファッションではないという事を忘れずに居たいです。

縮みがどれくらい出るかの実験でワンウォッシュした結果を以下に示します。

洗剤無し洗濯機あらい(脱水まで)+乾燥機20分で、

ウエスト縮み-1.5cm、股下(レングス)-2cmという結果でした。

購入後ワンウオッシュして糊を落としてから履きたい方は参考にしてみて下さい。

以上で説明を終わりますが、デニムパンツに対するディティール、生地や糸の使い方、縫製方法はほぼほぼ最上でこなしています。ですが最上でこなしているブランドは当たり前ですが他にも沢山あります。

違いは誰がどう考えて作っているか?になるかと思います。

よろしくお願いします。

閲覧数:45回

最新記事

すべて表示
bottom of page